スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
朝、夫を送り出してから、私が仕事に行くという事は
私が戸締りをする訳です。

ある朝の私ときたら会社に向かっている途中に、
無性に戸締りが不安になってしまいました。
しかし今から戻って確認すると会社に遅刻してしまう。
「すみません遅れます、テヘ」的な電話が気軽に出来ない程度には、
まだ職場で猫を被っているもので
モヤモヤドキドキしながら会社についてから、近所の友達に電話をしました。

「悪いんだけど、幼稚園の送りの帰りにちょこっと家の前通って、
うちの庭側の掃き出し窓が閉まってるか見てきて欲しいんだけど!(懇願)」

朝のクソ忙しい時間帯に、はた迷惑な電話をされた友達ですが、
快く引き受けてくれまして、結果をメールで送ってくれました。


20130301 (1)



わざわざ庭に回って確認してくれた友よ!ありがとう!
そして窓の件は私の加齢による記憶喪失(涙)で無事だったのですが、
(「よくあるよくある」と慰められました)


ハロさん…



20130301 (2)



姿を見たら喜んだ風なのは友達の顔知ってるからですよね?
人間なら誰でも喜んじゃう系じゃないですよね?ね?



20130301 (3)



自宅警備員、寂しくて仕事どころじゃないようです。


ごめん、なるべくはやく帰るから
ハロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。